【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2013年06月07日

【備忘録】「視点」による裏のドラマ

●アイデアメモ

シチュエーションコメディに『レイチェルの結婚』的な目線の概念を設ける案。
基本的に「その状況を俯瞰で見る」っつー同ジャンルにおいて、「その俯瞰で見てるのは誰なのか」っていう。
観客の視点を、作中に語られるけど登場しない誰かの視点とする。
舞台が一部屋で行われることが多いわけで、だったらその部屋に住む地縛霊?家族の中で先に亡くなった人?
気づくとそこにドラマ、気づかなくても単に面白いシチュエーションコメディ、みたいな。


posted by 冨坂 at 15:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 劇作あれこれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。